« 15年目の車検 BNR34 スカイラインGT-R R34 | Main | BNR34 スカイラインGT-R Mスペック シリカブレス 16周年 »

June 30, 2018

Raspberry pi 3B +(plus) 店頭でも入手可能に

Raspberry pi 3B +(plus) 店頭でも入手可能に

ギガビットLAN、11ac対応無線のラズベリーパイが、関東で梅雨明けの最近、店頭にもよく並ぶようになりました。

個人輸入も考えてましたが、円安であまりうまみもないことや、別に急いでもいないので、技適が通って、普通にうらっと アキバで買える日を待って、購入。

tsukumoで、ケース付です。

・ヘッドレス、wi-fi、sshで、最小限のセットアップをしました。 wi-fiはまだ2.4Gでしか使っていませんし、有線LANも未接続です。

・最新版の raspbian stretch liteのイメージを適当なサイトからダウンロード。ちなみに2018年4月18日versionです。
・zipファイルを母艦のubuntu X86で動いているマシーンで解凍、イメージファイルをddコマンドでMicroSDカードに書き込み。
・パーティションはFAT32のbootと、ext4のrootfs である。
・母艦でMicroSDカードを認識させて。 boot のパーティション に #touch ssh でsshという名前の空ファイル作成。
・接続したいネットワークのSSID パスワード(パスフレーズ)設定を書き込んだ wpa_supplicant.conf をboot パーティションに作成。
・bootパーティションに書き込む空のsshファイトと適切なwi-fi設定の二つのファイルが肝。有線LANなら無線の設定は不要。逆にいえば、二つのファイルの用意だけで、ヘッドレスで接続開始できる。
・母艦からMicroSDをunmountして、raspberry Pi 3B +(plus)に挿入。 電源を接続。
・しばらくすると、母艦から ssh pi@raspberrypi.local 、パスバードはraspberry で接続できる。
・sshして、ログインしたあと、各種設定の調整を行う。タイムゾーンとか、マシンの名前とか、ログイン名とか、パスワードとか、固定IPアドレスとか。
・この状態で、ネットワークのラベルはeth0 とかwlan0なので、何か安心。
・USB MicroSDの変換のカードライタがあると、母艦で書き込んだりするとき楽。母艦のubuntuが、仮想マシーン上でもね。また、ほかにラズパイで動いている機種があれば、USBにカードライタを挿入して、MicroSDカードを書き込んだり、編集したりして、3b+ 用の起boot動SDカードの準備は同様に可能。

・何に使うか、未定。APとかコンバータもどきとか、Pi desktopのケースとSSDでデスクトップにするとか、二つ用意して、実家のLANとの間に拠点間VPN作るとか、リビングのテレビに接続してメディアサーバにするとか・・

|

« 15年目の車検 BNR34 スカイラインGT-R R34 | Main | BNR34 スカイラインGT-R Mスペック シリカブレス 16周年 »