January 14, 2009

wordpress のtar.gz

 wordpressの配布にtar.gzがあるのですね。
 linuxのサーバーで、ダウンロードして、展開してそのまま使えます。
 改行コードを気にしながらwindowsマシーンからアップしなくても良いので、楽です。
 fedora 10では、yumでrpmのパッケージもとってこれますが、日本語のtar.gzを展開してインストールも問題ないです。
 一度、yumでrpmのパッケージをインストールすると、phpやMysQlなど必要なものも、取ってくるので、日本語のtar.gz使う場合もおすすめです。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2007

wordpress MEをインストール

FC6のバッケージ版(rpm)になったwordpressの設定・動作確認が終わったところで「ME」版のインストールです。ファイルをダウンロードするのですが、どうもzip版で、tar.gzではありません。windowsパソコンにダウンロードし、解凍、ftpプロトコールでアップロードします。
 FC6サーバーでftpサーバーが有効なこと、ユーザーでログインし、アップロード可能なことを確かめておきます。
 さて、wordpress MEの解凍されたパッケージを、サーバーにアップロードするわけですが、改行コードの関係でwindowsパソコンで解凍後、ftpソフトでアップします。このとき、拡張子が、
*.txt
*.php
*.js
*.css
のファイルはアスキーモードで、画像ファイルやライブラリはバイナリモードで転送します。ディレクトリ構造そのままアップするので、GUIなftpクライアントソフトを使用します。
アップされたら、サーバー側でsuし、wordpress/以下のファイルを
/var/www/html/wordpressME/
とでもディレクトリを作成し、ディレクトリ構造毎コピーします。
#mkdir /var/www/html/wordpressME/
#cd /var/www/html/wordpressME/
#cp -a /home/(ftpのユーザー)/wordpress/. .
その後、パーミッションを適当になおします。

あとは、データベースのmysqlの設定とwp-config.phpの設定となります。
wordpress MEのための「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」を決めます。
データベース名  -> wpmedb1
ユーザー名    -> wpmeuser1
パスワード     -> wpmepass1
とし、
# mysql -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 142 to server version: 5.0.27

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> create database wpmedb1;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> grant all privileges on wpmedb1.* to wpmeuser1@localhost identified by 'wpmepass1';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.00 sec)

なんて感じで、設定します。
ついでwordpress meのインストールディレクトリにて、
#cp wp-config-sample.php wp-config.php
でwp-config.php ファイルを作成し、編集します。


// ** MySQL settings ** //
define('DB_NAME', 'wordpress'); // The name of the database
define('DB_USER', 'username'); // Your MySQL username
define('DB_PASSWORD', 'password'); // ...and password
define('DB_HOST', 'localhost'); // 99% chance you won't need to change this value
の部分を
// ** MySQL settings ** //
define('DB_NAME', 'wpmedb1); // The name of the database
define('DB_USER', 'wpmeuser1'); // Your MySQL username
define('DB_PASSWORD', 'wpmepass1'); // ...and password
define('DB_HOST', 'localhost'); // 99% chance you won't need to change this value
さらに
// Change this to localize WordPress. A corresponding MO file for the
// chosen language must be installed to wp-includes/languages.
// For example, install de.mo to wp-includes/languages and set WPLANG to 'de'
// to enable German language support.
define ('WPLANG', 'mo_file');
の部分を
// Change this to localize WordPress. A corresponding MO file for the
// chosen language must be installed to wp-includes/languages.
// For example, install de.mo to wp-includes/languages and set WPLANG to 'de'
// to enable German language support.
define ('WPLANG', 'ja_UTF');
にします。これで晴れて日本語のメニューが使えます。
あとは、保存して、ブラウザで管理メニューに入ります。
これで日本語でブログが動かせます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

動作確認

/etc/httpd/conf.d/wordpress.conf

/usr/share/wordpress がwebで公開では/wordpressというディレクトリに関連付けられていますから。
ブラウザでhttp://localhost/wordpress/wp-admin/install.php あるいは、http://(IPアドレス)/wordpress/wp-admin/install.php
で、最初の設定画面に入れます。
エラーが出て前に進まない場合は、これまでの設定を順に見直しましょう。
これでrpm版の英語版が動作確認することがわかります。
ここまでくれば、phpやmysqlが適正に動いていますから、”NE”を動かすのももうすぐです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

wordpressのためにmysqlの設定

/usr/share/doc/wordpress-2.1.2/README.fedora
をみながら、mysqlの設定をします。yumをつかってwordpressをインストールしたので、必要なものは全部そろっています。mysqldが動いていることを確認
#service mysqld status
動いていなければ
#service mysqld start
しておきます。つぎにwordpressのための「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」を決めます。
データベース名  -> wpdb1
ユーザー名    -> wpuser1
パスワード     -> wppass1
と決めます。README.fedoraでは、全てwordpressにした例が書いてあるので、読み替えます。こんな感じ
# mysql -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 142 to server version: 5.0.27

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> create database wpdb1;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> grant all privileges on wpdb1.* to wpuser1@localhost identified by 'wppass1';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.00 sec)

こんな感じ。grant ~ の部分は環境によりwpuser1@localhostを wpuser1@'%'とかwpuser1.*などにしないとだめみたいです。自分はwpuser1@localhostだと都合が良いようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

wp-config.phpの編集

/usr/share/wrodpress/wp-config.phpは /etc/wordpress/wp-config.phpのリンクになっています。これをviか何かで開きます。
データベース名  -> wpdb1
ユーザー名    -> wpuser1
パスワード     -> wppass1
としましたから、
define('DB_NAME', 'wordpress'); // The name of the database
define('DB_USER', 'username'); // Your MySQL username
define('DB_PASSWORD', 'password'); // ...and password
define('DB_HOST', 'localhost'); // 99% chance you won't need to change this value

define('DB_NAME', 'wpdb1'); // The name of the database
define('DB_USER', 'wpuser1'); // Your MySQL username
define('DB_PASSWORD', 'wppass1'); // ...and password
define('DB_HOST', 'localhost'); // 99% chance you won't need to change this value
と書き換えます。
これで設定完了です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2007

wordpressのrpmファイルを確認

 どこにインストールされたかわからないので、
 #yum -ql wordpress
で展開されたファイルを確認。
/etc/httpd/conf.d/wordpress.conf
/etc/wordpress
/etc/wordpress/wp-config.php
が/etcに展開
/usr/share/doc/wordpress-2.1.2 以下にドキュメント
/usr/share/wordpress 以下にプログプログラム本体がある。
wordpress MEもダウンロードし、windows上で展開、日本語のドキュメントを確認。また、wordpress japanのホームページもつらつらみる。
ドキュメントの
/usr/share/doc/wordpress-2.1.2/README.fedora
/usr/share/doc/wordpress-2.1.2/license.txt
/usr/share/doc/wordpress-2.1.2/readme.html
のうち、一番上のREADME.fedoraはfedoraオリジナルらしい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

wordpressをFC6にインストール

 職場のローカルでのみ参照可能なサーバーを立ち上げた。FC6(Fedora coe 6)は、雑誌のCD-ROMからインストール。grubをmbrにいれず、bootpartをつかて、boot.iniにFC6を追加。さしあたりWin2000とのデュアルブートだが、そのうち専用化するつもり。
 で、せっかくwebサーバーが立ち上がったもの、コンテンツのメンテもあれなので、グループウェアとか、掲示板は別にあるし、ブログサーバーにしようと思う。サーバーサイドのソフトとして、調べてみるとMovabletypeがもっともメジャー。なんか、商用だとライセンスが面倒なので、とりあえず個人使用でも、もっと気軽に使えるものを探すとWordpress MEというのがある。これをいれることにする。
 で、インストールの方法を調べてみると、レンタルサーバーへのアップの方法が沢山のっているものの、自作サーバーにいれる方法が見当たらない。メモの前に整理。
 適当に
#yum install wordpress
とかしてみると、パッケージがインストールされる。あわせて必要なプログラムもインストール。
 これは、ME版じゃないようだが、とりあえずはこれを動かせるようにしてからMEにしようという戦略。

| | Comments (0) | TrackBack (0)